ping、tracertコマンドの使い方

  1. マメ知識
ブログが表示されなかったり管理画面にログインできなかったりする場合、DTIブログのサーバーから実際の表示までのネットワークルートのどこかで回線に障害があることが原因の一つに考えられます。
pingコマンドやtracertコマンドを使えば、どこで回線障害が発生しているのかを特定しやすくなります。

pingとは・・・
コンピュータ同士の通信確認を行うための基本的なネットワークコマンドです。IPネットワークを使って通信相手とパケットがやりとりできるかを確認するためのもので、pingコマンドが正常に実行できれば、ホスト間のネットワークは正常だということになります。

tracertとは・・・
自分のホストから指定したホストまでに経由するルーターをリストアップし,それぞれのルーターとパケットをやりとりする往復時間を調べてくれるコマンドです。このコマンドを使えば,途中のルーターがダウンしていたり,回線が混雑していることなどがわかります。

※ Windows XP SP2以降をお使いの方は「Windows ファイアウォール」の設定を若干変更する必要がある場合があるかもしれません。 その場合、[スタート]→[コントロールパネル]→[windowsファイアウォール]の[詳細設定]タブで[ICMP]の[設定]をクリック、「エコー要求の着信を許可する」を選択し、[OK]をクリックして設定をご変更ください。


Pingコマンド
コマンドプロンプトを開く
[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] の順にポイントし、[コマンド プロンプト] をクリックします。

「ping ご自分のブログのURL」を入力する
「C:Documents and Settings」で始まるコマンドのカーソル部分に、例えば
「ping blogmanual.dtiblog.com」と入力して(?)エンターを押します。
※ URLは「http://」や.comの後の「/」以降を削除してからエンターをクリックして下さい。


pingコマンド

結果が表示される(?)
一番下に「C:Documents and Settings」で始まるコマンドが再び表示されれば完了です。


※ 続けてTracertを行う場合は、下記ののステップはスキップして、そのままへお進みください。


Tracertコマンド
コマンドプロンプトを開く
[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] の順にポイントし、[コマンド プロンプト] をクリックします。

「tracert ご自分のブログのURL」を入力する
「C:Documents and Settings」で始まるコマンドのカーソル部分に、例えば
「tracert blogmanual.dtiblog.com」と入力して(?)エンターを押します。
※ URLは「http://」や.comの後の「/」以降を削除してからエンターをクリックして下さい。


tracertコマンド

経路結果が表示される(?)
一番下に「C:Documents and Settings」で始まるコマンドが再び表示されれば追跡終了です。

※ コピー&ペーストの手順 
 結果が表示されましたら画面上にマウスを持っていき、右クリックで「すべて選択」をクリックする。

 画面がハイライトされた状態でエンターキーを押すとコピーできます。

 そのまま、ノートパッドなどお好きな所にペースト(貼り付け)してください。
------------------------------------------------

<<  Googleサイトマップへの登録方法  |  もくじへ  |  216色のカラーコード  >>
|
ブログ | 総合ポータル | ニュース | テンプレート
利用規約 | ||通報|| | Report Abuse