スパム対策index

  1. スパム対策
  1. IPや言葉で拒否する方法
  2. 画像認証によるスパムコメントの防止
  3. コメント・トラックバックを認証してから表示
  4. プライベートモードの設定

プラグインメールフォームの禁止設定

  1. スパム対策
コメントやトラックバックに加えて、プラグインで設置した
メールフォームからのメッセージを禁止IPリストに
追加できるようになりました

ここで禁止されたIPですが、受信されるメールアカウント側で
「禁止IP」専用のフォルダーを作成することによって
一気に削除できるようになります。

今までスパムメッセージに悩まされてメールフォームの設置を
戸惑っていた方もこの機会にぜひご利用下さい

【全員】
まずブログの登録されているメールアカウントにログインして下さい。

メールフォームから届いたメールのホスト名に記載されているIPアドレスをコピーして下さい


ブログにログインし、でコピーしたIPアドレスを禁止設定のページから追加します



【Gmailで禁止IPからのメールを見やすくする方法】

設定のアイコンをクリックします


表示されたメニューの「設定」をクリック


表示されたタブの「フィルタ」をクリック後、「新しいフィルタを作成」をクリック


件名の部分に 禁止IP とご入力後、「この検索条件でフィルタを作成」をクリック


「ラベルを付ける」にある「ラベルを選択」をクリックし、ラベル(フォルダ)の作成を行います。


「新しいラベルを作成」をクリック


任意でお好みの名前やラベルの場所(ディレクトリ)を設定して下さい。例では、ラベル名を「DTIブログ 禁止IP」と作成しました。


で作成されたラベルはこのように表示されます。これで禁止IPからのメッセージは、すべてこのラベル(ディレクトリ)内に入ってくるようになりますので、必要に応じて、メッセージの確認や削除を行って下さい。

IPアドレスや特定の言葉で拒否する方法

  1. スパム対策
嫌なコメント、トラックバックがきたら、その特定のIPアドレスや(コメント本文内に含まれる)不快な言葉などを拒否する設定ができます。
IPで迷惑コメントやトラックバックをブロックするには、コメントもしくはトラックバック管理から迷惑コメント及びトラックバックの「このIPを禁止」と書かれたリンクをクリックしてください。そうするだけで自動的に禁止設定画面に禁止IPが追加され次回よりそのIPでのコメントやトラックバックがブロックされます。
なお、禁止IPと禁止ワードはそれぞれ2000文字、1000文字までという制限がありますので制限文字数を越える場合は過去のものを削除してから新しい物を追加してください。多くのスパムコメントで使われるIPは一過性の物が多いので数ヶ月IPをブロックしたらそれを解除して様子を見てみる事をお勧めします。

コメントやトラックバック一覧をみてスパムが届いていたら、「IPを禁止」をクリックするか「禁止設定」へ進んで特定のキーワードを含むメッセージをブロックする事ができます。




「ブログ設定」の 「全て見る」をクリック






禁止設定のタブをクリックし、そこで禁止したい「IP」や「禁止ワード」を入力してください


※禁止IPは、設定して数ヶ月後には解除してあげると良いでしょう。
(解除したいIPまたはキーワードを削除して「保存」をクリックすれば簡単に解除できます。)




〜その他の禁止設定〜
http:// を含む全てのコメントを禁止・・・コメントだけに対しての設定です。トラックバックの言及リンク参照を設定している方は、「禁止ワード」に設定しているhttp:// は削除してこちらをお使い下さい。

言及リンクの参照・・・トラックバック送信元にあなたのブログ記事URLが記載されている場合のトラックバック受信を設定できます。


IPアドレスを拒否する事は他の正統なるアクセスにも制限がかかります
IPアドレスはアクセス元の経由番号みたいなものでこれをストップしてしまうと、そこからのコメントやトラックバックは全て拒否されてしまいます。IPアドレスは他の人々と共有している場合もあるため、拒否したIPアドレスの中には正統なコメントやトラックバックも含まれていることもあります。

画像認証によるスパムコメントの防止

  1. スパム対策
2010年6月2日更新
コメント時にコメント確認ページが出る仕様になりました。
こちらの確認ページに新型の画像認証が設置されております。
下記の旧型の画像認証のタグをHTMLに設置しなくても
ボタン1つで設置・取り外しが出来るようになりました。
今後はコメント確認ページ内の新型画像認証を
ご利用になり、旧型の画像認証は取り外す事をお勧めいたします。

★詳しくはコメント確認ページの詳細をごらんください。>>




==========================================================
2009年2月26日更新 
コメントをする際に画像認証をさせることにより、スパムコメントを送信しづらくさせる機能を追加しました。 
↓↓↓↓こちらの変数をテンプレートに入れてご利用ください。 *この変数は2箇所設置する必要があります
<%comment_captcha>

画像認証タグの設置方法(デフォルトテンプレートの場合)

デザインの編集テンプレート設定>任意のテンプレートの「修正」をクリック

 HTMLの編集欄でコメント送信ボタンのコードを探します。
CtrlキーとFキーを同時に押すと検索窓がでてきますので、「送信」と書き込んで
<input type="submit" value="送信">

このようなタグを探してください。

 
<input type="submit" value="送信">
の直前に
<%comment_captcha>を書き込みます。

以下送信ボタン前後のコードです。この様になればOK!


.
.
.
<dt><label for="himitu">秘密:</label></dt><dd><input id="himitu" type="checkbox" name="comment[himitu]">管理者にだけ表示を許可する</dd>
</dl>
<p>
<%comment_captcha>

<input type="submit" value="送信">
</p> 
</div>
</form>
<!--/comment_area-->

 コメントの送信ボタンは2箇所あります。再度CtrlキーとFキー検索で「送信」を検索し、もう一箇所の<input type="submit" value="送信">を探しての作業を繰り返します。

ヒント:コメント送信ボタンは
<!--comment_area--> と <!--/comment_area-->
の間に1つ、そして
<!--edit_area--> と <!--/edit_area-->
の間にもう1つあります。

全ての記事に対して画像認証が設定されます





トラブルシューティング 〜画像認証を設置して問題があった方はこちらをご覧下さい〜 ↓↓

[ 画像認証によるスパムコメントの防止 ] の続きを読む

コメント・トラックバックの承認

  1. スパム対策
自分が気に入らないコメント、トラックバックが勝手にあなたのブログ上に表示されていたら嫌ですよね?それらをあなたが一度、承認してから公開することもできます。そうするには、承認機能の設定を予め行っておく必要があります。

管理画面左メニューの設定変更内、「記事設定」をクリック


「記事設定」画面が開きます




コメント・トラックバックの承認で「確認後表示」を選びます





保存を忘れずに

プライベートモードの設定

  1. スパム対策
あなたのブログにパスワードをかけて特定の人にしか見せないようにもできます。
パスワードはクッキーによってあなたのパソコンに保存されますので次回からは認証手続きなしで自動的にブログにログインできます。

管理画面左メニューの設定変更内、「記事設定」をクリックします



「記事設定」が開きます





ブログの公開設定を「非公開にする」を選びパスワードを入力





保存を忘れずに


下記のように「プライベートモードログイン」画面が出てきます


パスワードを持った人だけが閲覧できるようになりました。

一度設定してログインしたら次回からはログインしなくても大丈夫
パスワードはクッキーシステムを採用してますので一度ログインしたら次回からはパスワードを入力しなくてもあなたのパソコンに保存されてますので大丈夫です。

それでも気になる方は、一度クッキーを削除して頂ければ再度上記のような画面が出てきます。

  |  もくじへ  |  
|
ブログ | 総合ポータル | ニュース | テンプレート
利用規約 | ||通報|| | Report Abuse